スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

ストレスとストレッサー

      2016/12/08

今日は「ストレスとストレッサー」という
お話をさせていただきます。

私たちはストレスが溜まってしまいますと、
一般的にはイライラしたり、人を責めたり、
不安な気持ちになり、感情の落ち込みを感じたりします。

ストレスそのものは、外部からの刺激に
対してご自身の身体を守る「防御反応」ですので、
良いものでも悪いものでもないと考えてみてください。

私たちがストレスを感じないで生きるということは
不可能ですし、逆に適度なストレスは
やる気を引き起こしてくれる作用もあります。

ストレスが特にいけないものとして
扱われる場合があるとしますと、

ストレスが一時的に高くなったり、慢性的に高い状態が
続いている場合には注意が必要です。

例えば会社の営業マンが売上のノルマが
キツくてストレスに感じているという
場合がありますが、

正確に申し上げますと、これはストレス
そのものではなく、

ストレスを引き起こす刺激のことで、
ストレッサーといいます。

この場合のストレッサーとは、
売上のノルマを達成するための、

「上司からの叱咤激励」であったり、
「難しい課題」がストレッサーとなり、
ストレスをより強く感じるようになります。

ストレスを感じたときには、
ご自身にとってはどんな事が
ストレッサーになっているのか、

ご自身の内側がどんな状態に
なっているかを一旦、立ち止まって冷静に
観察してみてください。

ご自身のストレスの
「限界値」を知ることによって、

「そろそろ限界だから息抜きしよう」とか、

「リラックスしよう」とか、

ご自身でストレスの息抜き調整が
上手になります。

つい、ストレスの限界まで
がんばってしまうという方は
働き方そのものを見直す必要性も感じてみてください。

繰り返しになりますが、ストレスの原因と
なっているストレッサーを知り、

その感情の反応をコントロールすることが
ストレスを軽減することにつながります。

時に、友人と飲んで騒いでのストレス解消法も
有効な場合もありますが、

根本的な原因を見つめなければ
また同じことの繰り返しとなってしまいますので、
それをご理解していただいたうえで、

今一度、ご自身にとってのストレッサーとは
どんなものがあるのかと、考える機会にして
いただけましたら幸いです。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー