スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

後悔と罪悪感

      2016/12/08

今日は「後悔と罪悪感」という
お話をさせていただきます。

「後悔している」

「罪悪感をもっている」

この2つの言葉は似ているようですが、
まったく違うものです。

簡単に申し上げますと、
私たちは「後悔」をすることがあっても
「罪悪感」は必要のないものです。

罪悪感は人間の感情の中でも
最悪の感情ともいえるものですので、

時にご自身を

「自分には価値がない」

「とても悪いことをした」と

ご自身に罪があると思い込み、
責め立ててしまうことがあります。

実際、人間には罪悪感という罪は存在せず、
紛れもなくご自身が作り出しているものだと
感じてみてください。

後悔は過去においての点のような存在で、
罪悪感は人の心を今と過去を線で結んでしまいます。

魂レベルでは変化と成長をしたいと
望んでいるのに

感情が固定されてしまいますと、
私たちはなんだか息苦しい状態になってしまいます。

罪悪感を解放しますと、モヤモヤしていた霧が
一気に晴れて、突然目の前の視界が広がる人もいます。

この機会に、ご自身の内側にあるものは
「後悔」「罪悪感」の本当はどちらなのか?

さらには、この2つはまったく別のものと
ご理解されると良いと思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー