スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

喧嘩の修復

      2016/12/08

今日は「喧嘩の修復」という
お話をさせていただきます。

ご夫婦、友人、知人、恋人、
職場の仲間と、ちょっとした
意見の食い違いや誤解により、

ついカッとなって
口喧嘩になってしまう
事があります。

喧嘩は始めようとしますと、
とても簡単ですが、

喧嘩の修復は難しいものです。

喧嘩をして、しばらくたち、

「自分が大人げなかったかな」

「ちょっと言い過ぎたかな」と

反省をする場面があるかも
知れませんが、

喧嘩は日にちが経過するにつれて、
自己正当化をしてしまいますので、

「相手の方が悪いんだ!自分は悪くない!」と、
思うようになっていきます。

そうしますと、
ますます喧嘩がコジれて

シコリを残し、和解する事が
難しくなってしまいます。

そのような意味合いから、
喧嘩はその日のうちに
極力解決するように努めること。

喧嘩の修復は少しでも
早くというのが鉄則となります。

具体的に、喧嘩の修復方法の
1つとしまして、

相手が申し訳なかったと言葉に
できない代わりのメッセージや
キッカケを見逃さないように
することが大切です。

例えば、ご夫婦間の喧嘩の場合ですと、

子どもの教育方針を巡って奥さんが、
いつも帰りが遅い夫と相談する
時間がなかなかとれないので、

忙しい朝とは分かっていても、
夫に相談を持ちかけます。

夫は、このところ毎日夜遅くまで
残業続きでひどく疲れています。

そこで、夫はつい、
「今週の日曜日ならゆっくり時間がとれるから、
話すといったじゃないか!その話は後にしてくれ!」と
言います。

そうしますと、
売り言葉に買い言葉で、

奥さんは、
「あなたはそうやって、
いつも時間をとってくれないじゃない!」
と言い返します。

夫も「今度の日曜日まで待ってくれと言っているだろ!」
と、声を荒げます。

例えば、このように
お互い朝から喧嘩をしたまま
夫は会社に出社することになります。

しばらくたち、冷静になって考えてみますと、
お互いが反省すべきあった点があると思い、
朝の喧嘩を修復させたいと考えます。

そこで、ここからがお互いが
喧嘩を修復する為のメッセージを
相手に発信しようと考えます。

奥さんは、夫の
大好きな「肉じゃが」を
夕食に作り始めます。

夫は今日は残業をせずに
早く家に帰ろうと決意をします。

これで、お互いが喧嘩を修復する為の
メッセージが完成しました。

夕食時にこのメッセージに
気がついた夫は、

「いつも美味しい肉じゃがをありがとう、
朝は少し言い過ぎたみたいだね。俺が悪かった」

と、相手に気持ちを伝えます。

奥さんは、仕事で忙しい夫が、
今日は早く帰ってきてくれた
メッセージに気がつく事で、

「いつも家族の為に、夜遅くまで仕事をしてくれてありがとう。
今日は忙しいのに早く帰ってきてくれて感謝しています」

と、相手に気持ちを伝えます。

相手からの修復のメッセージを
素直に受け取らずに、

「毎日夜遅いのに、今日は早く
帰ってくるなんて珍しいじゃない」と、

皮肉のようなセリフを
相手に投げかけてしまいますと、

再びの喧嘩になって
しまう事がありますので、
注意が必要です。

人間ですから、瞬間的に
腹が立つ事はたくさんあります。

喧嘩はコジらせずに、
うまく修復することができれば、

以前よりもお互いを信頼できる強固な
関係を作ることができると思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー