スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

「2:6:2の法則」

      2016/12/01

今日は「2:6:2の法則」という
お話をさせていただきます。

ご存知の方も多いと思いますが、
物事の配分に例えられるのが、
「2:6:2の法則」です。

例えば、あなたが何か商品を
販売していたとします。

その商品の事を
好きで好きでたまらない人が
全体の20%。

特に、好きでも嫌いでもない人が
全体の60%。

その商品は大嫌いという人が
全体の20%という割合になります。

これは、どのような事に当てはめて
みても、この数字に近い数字が出て
くるので不思議です。

実は、この法則は個人的にも
あてはまります。

例えば、あなたの勤めている
会社が100人の社員がいるとします。

20人はあなたの事がとても大好きな人。

60人は、好きでも嫌いでもない人。

20人はあなたを大嫌いな人。

となります。

自分では、嫌われるような覚えがなくても、
相手が勝手に嫌ってくる事があります。

そして、たまたまその嫌いな人の声が
自分の耳に届く事があります。

100%全員に好かれている人なんて
世の中にいないのは頭では分かっていても、

いつも笑顔で話していたのに、
相手はそんな事を思っていたのか・・・と、

ガッカリ落ち込むこともあるかもしれません。

でも、それは多くても全体の20%で、
全体の意見ではありません。

残りの80%は好意的に見てくれています。

「2:6:2の法則」を
理解していれば、

それが自然のあるべき姿なのだと感じ、

特に気にする必要はなくなります。

あなたが何かやりたい事が見つかり、
行動をしようとした時にも、

「2:6:2の法則」が働いて、

反対する人が出てくる場合があります。

その時に、応援してくれる20%に
フォーカスするのか?

反対している20%に
フォーカスするのか?

どこの部分にフォーカスするかによって、
その後の人生を大きく変化させることができます。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー