スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

信じる力、プラシーボ効果

      2016/12/01

今日は「信じる力、プラシーボ効果」というお話を
させていただきます。

ご存知の方も多いと思いますが、「プラシーボ効果」
というのをご存知でしょうか?

ご存知ない方の為に、少しプラシーボ効果の説明をいたします。

プラシーボ効果の一例としては、薬効成分が含まない
プラセボ(偽薬)を、薬だと偽って投与されても、
患者の症状が良好に向かうという現象です。

他にも、本物のお酒を飲まなくても、トニックウォーターと
ライムのノンアルコール飲料を飲んでも、判断能力が鈍くなり、
目がウツロになり、まるで本当に酔った状態と同じようになります。

しかも、偽物の薬と分かっていて飲んでいる患者にでさえ、
効果が出るというのは、まったく理屈にあいません。

さらに、患者に本物の薬ではないと伝えても、
効果が弱まるどころか、本物の薬よりも良い結果が
出ることもあると言います。

このプラシーボ効果は現代の医学を持っても、
たいへん奇妙で理解し難い現象の1つとして知られています。

これは、自分に暗示(信じる力)をかけることで、健康さえも
維持できるかもしれない脳の底力を証明していると思います。

私も実際にこのプラシーボ効果の凄さを
間近で見た経験がありますので、その時のお話をいたします。

もう、25年前位のお話です。

会社員時代に、社内で急に熱を出して
具合が悪くなった社員がおりました。

仮にAさんとしておきましょう。

Aさんは顔が火照って、
いかにも熱っぽい顔をしています。

会社で薬を持っている人間を探したのですが、
結局見当たりませんでした。

その頃、会社では金魚を飼育しておりまして、
水槽の横に、金魚の餌が置いてあったんですね。

すでに、カンの良い方はお分かりになるかと
思いますが、

社員の誰かがAさんに「熱が下がる薬」と言って、金魚の餌を渡したのです。
(くれぐれも金魚の餌を人に与えるのはやめてくださいね(笑))

1時間後・・・

「あの薬すごく効いたぁ~」

Aさんの顔の火照りがスッキリとれて、
熱が下がり、元気になったのです!

その時、「信じる力」って素直に凄いと
感じました。

25年経過しても覚えているので、当時の私にとって
インパクトがあった出来事だったのです。

のちに、このような現象を
「プラシーボ効果」と言う事を知りました。

信じる力(暗示)には、理屈をはるかに超えたパワーが
存在する事がお分かりになられたのではないでしょうか?

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー