スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

やることに意義がある

   

今日は「やることに意義がある」という
お話をさせていただきます。

この言葉を聞いて「結果が出なくちゃやる意味がない」
と思う方もいらっしゃると思います。

私も頭の中では「やることに意義がある」と
思っていても、

それでも心のどこかでは
強く結果を求めていたりすることもありました。

人は自分の努力に対して報われる結果が
出ればそれは本当に喜ぶべきことですし、

結果を出そうと思って努力をして結果が出れば、
こんなにうれしいこともありません。

一生懸命やって努力をして結果を出そうと思ったのに、
もし、結果が出なかった時には、

「やることに意義がある」という言葉を
素直に受け取ることができない気持ちも分かります。

特に会社でしたら、結果が出なければ
評価してもらえないとシステムの中に
身を置いていますと、尚更そのようには思いにくいです。

私も過去にサラリーマンをしていたので、
その気持ちはすごく良く分かります。

なのですが、私個人的には
「やることに意義がある」と感じてそう進んでいる時には、
その過程においてもたくさんの学ぶものが多いように思えます。

すでに結果がどうこうという前に、その学びの過程で
結果以上のものを手にしていることもあります。

結果に固執してしまうと、その学びの過程を「苦しい」とか
「我慢をする」ことになってしまこともあるのです。

だからといって「やることに意義がある」のなら、
一生懸命努力をしないという事ではなくて、

結果が良くても、悪くても、どちらでも良いという
気持ちを持つこと、覚悟をすること、決意をして進むこと。

そうすると、逆に心が落ち着いて、
結果にこだわらない努力をすることによって、
良い結果をもたらしてくれることがあります。

結果に固執しすぎて、結果を出そうと思っていたとしたら、
それは結果が出ることがあるかもしれませんが、
その過程ではストレスを溜めてしまうことも多いです。

「やることに意義がある」本来はご自身が
「楽しんでやることに意義がある」というのが
本当の意味なのではないかと感じています。

「結果が出そうだからやってみる」、
「結果が出そうもないからやらない」、

そんな結果主義の視点で見ていますと、
それでは、せっかくの成長の機会が
失われてしまいます。

今一度、「楽しくやることに意義がある」と考えていただいて、
この言葉の意味をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

【無料】人生が3倍輝くスピリチュアルセミナーのお知らせ
詳細はこちらのページでご確認ください

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー