スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

悲劇と喜劇

   

※このメルマガを音声でも聞くことができます。

こんにちは、鈴木哲也です。

今日は「悲劇と喜劇」という
お話をさせていただきます。

よく悲劇と喜劇は紙一重と言われたりしますが、
これは悲劇と喜劇だけでなく、

世の中の相反するものは
すぐ隣同士に存在しています。

例えば「生」と「死」で考えてみますと、
一般的には、健康的な20歳だとしたら、
死はまだまだ遠くにあるものと考えると思います。

私も20歳の頃は、悪くても60歳くらいまでは生きるだろうから、
あと40年生きられると勝手に思い込んでいました。

でも、少し極端な言い方をしますと、20歳でも60歳だったとしても
3分後に突然心臓が「もう脈を打つのをやめた」という事になるかも
しれません。

確率はとても少ないけれど0%じゃない。
「死」を身近に感じた時にこそ「生」が鮮やかに際立ちます。

そのような意味合いから悲劇を経験した時には、別の視点で見ますと、
喜劇が際立ってくるのが仕組みとしては理解できます。

もし、悲劇の中に喜劇を発見することができたら、それは
相反するものを発見できた、大きな魂の成長なのです。

私も過去の経験で悲劇だと感じていたことに対して、
その中に喜劇を発見することができた時、

その出来事が滑稽に思えてきて、
そう思えるようになったら、

笑いがこみあげてきて
心が少し楽になった経験があります(笑)

ご自身が今現在、過去の出来事の中で悲劇だと思っていること、
それを実は喜劇だったとそう思えるようになったら、
これは人生において最高の成長だと思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

【無料】人生が3倍輝くスピリチュアルセミナーのお知らせ
詳細はこちらのページでご確認ください

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー