スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

思考人間と感覚人間

   

今日は「思考人間と感覚人間」という
お話をさせていただきます。

私たちは大きく2つに分けますと「思考人間」と
「感覚人間」に分けられると思います。

なんとなくですが、私は思考人間かな?とか、
私は感覚人間かな?と感じているかと思いますが、

思考人間は左脳を多く使っている人、
感覚人間は右脳を多く使っている人と言えます。

私たちは生まれてきて、誰でも幼少期には右脳を
上手に使う事ができています。

持って生まれた感覚で、これはイヤだとか、
これは好きだとか、魂の赴くままに生きることができています。

その1番分かりやすい例が、子供が絵を書きますと、
本当に自由奔放に素晴らしい絵を書きますよね。

実に生き生きとしていて、
細かいことなんて気にしない、

太陽が赤だって青だって緑だってまったく関係ない、
あれは魂の赴くまま表現したものなのです。

しかしながら私たちは教育の過程で
「太陽は赤なんだから、緑で書くのは間違いですよ」と、
ダメ出しをされてしまう。

そんな事を言われているうちに、魂の表現の自由を奪われてしまい
絵を書くのがだんだんとイヤになってしまって、
いつしかやめてしまうんです。

ここで知っておいていただきたいのは、
誰もが生まれてきた時は感覚人間、右脳人間であって、
最初から左脳人間ではないということです。

そして、こうして右脳と左脳を持っているのですから、
子供の頃の自由奔放に絵を書いていた
右脳を思い出していただいて、

その上で、右脳が働いている状態で出来事を
眺めてみてはいかがでしょうか。

簡単にいってしまえば左脳人間は、社会に上手に適応するために
これまでの人生の過程で作り上げられてしまったもの。

左脳を使って生きれば上手に
生きる事ができるかも知れないけれど、
それは魂の正解であることは少ないんです。

魂に逆らって生きるとストレスが溜まります。

右脳を使うと直感などが働きやすくなっていきますので、
日頃から論理的な左脳ではなく、
右脳を意識して使うことがとっても大切なのです。

それはヒラメキだったり、ちょっとした違和感、直観として
届けられることがあります。

そんなメッセージを受け取ったら、無視をするのではなく、
積極的に気がつく訓練をすると良いと思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

【無料】人生が3倍輝くスピリチュアルセミナーのお知らせ
詳細はこちらのページでご確認ください

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー