スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

子供はなんでも知っている

      2017/09/06

今日は「子供はなんでも知っている」という
お話をさせていただきます。

私はこのところ、1ヶ月に5~6回なんですが、
2歳~4歳のお子さんと定期的に触れ合う機会があります。

最初は子供だからと思っていたのですが、
お子さんは、まっすぐで純粋な心で世の中をみて、
周りの人たちをよーく見ているのを感じます。

純粋なのは子供なんだから当たり前だろうと
思われるかも知れませんが、

周りの人達が、どんな事をいって、
実際にどんな事をしているのか?

そして、自分の発言によって、
周りの人達はどう反応するのか?

当然といえば当然ですが、親が子供を見るように、
同時に子供も親をしっかり観察している。

これは私の感覚ではちょうど2歳を過ぎた頃から
ではないかと個人的にはそう感じています。

まだ言葉があまり得意ではないだけで、
純粋な魂で親の心をしっかりと見抜いてくるのです。

スピリチュアルな観点からは、年齢と
魂年齢は違いますので、子供とはいえ、

過去の記憶はほとんど忘れていても、
魂年齢は、実際の年齢とは大きく異なる場合があります。

ですので、子供が2歳だからといって、
どうせ何も分からないだろうと思って、

親がいい加減な態度や
ごまかしの態度をとっていたりすると、

自分が思っている以上に、
子供はしっかり見ていたりします。

まだ2歳~3歳のお子さんですと、私の言葉の意味が
分からないと思ったりもするんですが、

それでも、ちゃんと大人に話すように話してあげる。

そうすれば、会話はできないかも知れないけれど、
心のどこかでは伝わっているのではないかと、
個人的にはそう思っています。

ですので、子供の年齢が幼いからダメだとか、
何も分からないというのではなく、

ちょっと極端な言い方ですが、年齢に関係なく
ひょっとしたら、

「魂年齢は自分よりも上かも知れない」と
そんな大胆に考えてみますと、

また違ったものが見えてくるのではないかと思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

【無料】人生が3倍輝くスピリチュアルセミナーのお知らせ
詳細はこちらのページでご確認ください

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー