スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

弱いなら弱いまま前に進んでみる

   

今日は「弱いなら弱いまま前に進んでみる」という
お話をさせていただきます。

私たちは時に、何かの失敗体験をキッカケとして、
「自分なんてたいしたことがない」と落ち込んでしまって、

一時的にセルフイメージが
下ってしまうことがあります。

また、幼少期から自分に自信がまったく持てなくて、
何をやってもうまくいく気がしない、

周りの人たちが自分よりも優れているように
見えてしまうことがあります。

ここで1つ知っておいていただきたいのは、
弱い自分も、それもご自身の一部であるということです。

それらも全部含めてご自身なのです。

ですので、「自分は弱くてもいいんだ!
でも、弱いまま前に進もう」と決意をしてみますと、

そうすると元気が湧いてきて、前に進んでいるうちに
元気を取り戻すことができたりもします。

最初から自信を100%持って
前に進めるのでしたらそれでいいですし、
でも大抵の人はそんなに自信を持っていないんです。

ご自身が自分は弱いと自覚をして、
前に進んでみようと決心した時こそが、
ご自身のエネルギーが一番高くなる瞬間です。

そんなあなたの姿を見た周りの人たちが、
結果的に自信を持って進んでいるように見えるだけなのです。

私たちは子供の頃に先生や親に「もっと自信を持ちなさい!」と
言われた経験があるかも知れませんが、

では自信を具体的にどうやって持ったらよいのか?
そのプロセスは誰も教えてくれないのがほとんどです。

なので、自分に自信が持てないのは、自分が弱いからだと
自分を責めてしまったりすることがあるのです。

つまり、弱いことは悪い事と考えてしまって、
ご自身の欠点だと思ってしまうのです。

そして、無理やり自信を持ってみようと
自分に言い聞かせてみても、うまくいかなかったりします。

弱いから前に進んではいけないということもありませんし、
弱い事って「悪」ではないんです。

むしろ、弱くても前に進めるという事が1番の強みなんです。

もう一度いいますが、弱い自分を自覚して
前に進んでいる時こそが、1番強くなれる時なのです。

弱いなら弱いままでいいんです。

弱くても諦めずに前に進むことをしていますと、ある時点で
後ろを振り返ったときに、

「こんな私でも少しは強くなれたかな?」と、
そんなご自身の自信を感じる日が必ずやってくると思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー