スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

学校や社会で教わったルール

      2017/06/30

今日は「学校や社会で教わったルール」という
お話をさせていただきます。

私たちは人それぞれいろんな信念を
持って、それに基づいて日々行動をしています。

信念こそがご自身を突き動かしている原動力と
いっても良いと思います。

そして、学校で教わったルールや
社会の規則を守るために行動をすることもあります。

信念に従って行動しても、ルールを守るために
行動しても、どちらも行動することは一緒なのですが、

私たちは学校や社会のルールよりも、
本当はご自身の信念を優先するようにできています。

これはどういう事かといいますと、
実際にあった話なんですが、

会社は何時までに出社しなさいという
出社時間は決まっていますよね?

そのルールをどうしても
守れない人って世の中にいるんです。

遅刻が多い人っていますよね?(笑)

私も最初は、そんな人をみて
「だらしがない」とか、「責任感がない」とか、
「仕事に情熱がない」とか、いろいろな事を思ったんです。

で、実際に遅刻が多い人から
どうしたら遅刻が少なくなるかという
ご相談をお受けしたことがありまして、

お話をお伺いしたら、目覚まし時計を
3個使っているけれど、どうしても朝起きられないと・・・。

前の晩は早く寝た方が良いのではないとか、
身体を動かした方が熟睡できるとか、いろんなお話をしてですね、

さらにお話をお伺いしていくと、その人は他の人と同じように
責任感もありますし、仕事にも情熱を持っているのです。

では、なぜ遅刻してしまうのだろう?と考えた時に、

もしかしたらと思って、

ご自身が仕事に対して
どんな信念を持っているのですか?と、質問をしてみました。

そうすると「質のよいことをするのが仕事だと」
そんな返事が返ってきたんです。

その時になるほどと思って、仕事に対して
その人は時間ではなくて、質を重視しているのだと、
そう思って、遅刻の根本の原因を知ることができました。

簡単にいってしまえば、出社時間を守って
ダラダラと仕事をするのではなくて、
質の高い仕事をすれば出社時間なんて関係ないと。

そんな信念を持っているので遅刻をしてしまうんです。

その人の行動を変えるには、
その人の信念を変えなければならないので、

もし、会社の遅刻が多い人に「仕事に責任感を持て」
「仕事に情熱を持て」とか、

頭ごなしに叱ったとしても、信念が変わらない限りは
まったく効果がないんです。

人は信念に従って行動しているときは、
学校や社会のルールを結果的に破ってしまうことがあるんです。

誰かが作ったルールとご自身の信念が違う時、
それを無理に合わせようとしますと、
そこで無理がでて、悩んでしまうのです。

その場合の解決する方法はたったの1つ。

ご自身の信念に素直に従って行動するしかないんです。

これが1番の方法です。

そうはいっても実際にはなかなか勇気が
必要な行動だと思いますので、

まずは小さな信念に従って行動するこということから
少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー