スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

大きな周期(サイクル)

   

今日は「大きな周期(サイクル)」という
お話をさせていただきます。

私たちはご存じの通り、
大きな周期(サイクル)の中で暮らしています。

1年でいえば365日、1日でいえば24時間という
周期(サイクル)の中で暮らしています。

そして、その周期(サイクル)をご自身の人生を振り返って
思い出してみますと、

例えばある人でしたら、

「4年毎に転職を繰り返している」

「2年毎に引っ越しをしている」

「半年に1度身体の調子が悪くなる」

「恋人とは3年付き合って別れてしまう」

そんな周期(サイクル)がみつかる
ことがあります。

そのようなご自身の周期(サイクル)を理解しますと、
もし、4年毎に転職をしていると分かったら、
3年目にはそろそろ転職を考える時期だとか、

今までは4年毎に転職をしていたけれども、すでに3年目で
実は仕事に飽きている自分に気がついたり、
そんな事が分かったりもします。

ご自身の周期(サイクル)を知る方法はとても簡単です。

ノートを一冊用意して、「職業的な転職や成果」「人間関係」会社関係」
「夫婦関係」「愛情関係」「健康や病気」「精神的成長」を含めて、

ご自身にあった思い出すことができる大きな出来事を
時系列で書き出してみるのです。

そして、それをぼんやりでも
良いので眺めてみますと、

なんとなくの一定の周期(サイクル)に
気がつくこともあります。

ハッキリと3年毎の出来事もあったりしますが、
なんとなく4~6年のサイクルの場合もあります。

一般的にはこのサイクルは7年毎が基本サイクルと言われており、
人生で大きな出来事は5回目のサイクル(35歳~42歳)
で起こるのが多いといわれています。

私の場合は38歳で会社を辞めて独立の決断を
したので、見事に当てはまっていますね。

周期(サイクル)をさらに深く理解するには、始まりと
終わりにばかりを注目をするのではなくて、
周期(サイクル)の中間地点がとても大切になってきます。

なんとなくの周期が分かったとしたら、
次の周期(サイクル)が来るのをただ待つのではなく、

周期(サイクル)に気がつくことで
今、どこらへんの周期にいるのか?

そして、それを知って最大限に生かすためには
ご自身が何かを始めるにはどのタイミングが良いのか?

例えば、5年毎に大きなチャンスがやってくると分かったら、
そのチャンスがやってくる数年前は準備の期間と
とらえて、そこでは地味な努力が必要かもしれません。

そして、ご自身の周期(サイクル)を理解することで、
今、物事がうまくいかないのは我慢の時期だからと理解できたり、

チャンスを掴むための1番最適なタイミングを早めに掴んで
積極的に行動することもできます。

なんとなくでも良いので、周期(サイクル)を掴んでおくだけでも、
ピンチやチャンスに強い体質を作ることができますので、
ぜひ、一度やってみてはいかがでしょうか。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー