スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

客観的に自分を見る訓練

   

今日は「客観的に自分を見る訓練」という
お話をさせていただきます。

他人の話は冷静に聞けるのに、、
自分の事になると、どうもうまくいかないという人も
多いかと思います。

他人の話を聞く感覚でご自身の事を客観的に
見る事ができたら、

人生においても迷い子になってしまうことは
ほとんど少ないかも知れません。

では、人の事は客観的に見れるのに、
なぜ自分の事となるとうまくいかないかと考えた時に、

原因のひとつに、大きく感情が
動いてしまうというのがあります。

私たちは、何を考えても、行動しても、
この感情というものが必ずついてまわります。

朝起きてから寝るまで、怒りとか悲しみとか、不安とか
嫉妬とか、感謝とか喜びとかいろんな感情を経験しています。

そして、その感情のどれを持っている状態でも
ご自身を客観的に判断することはどうしても
難しくなってしまうんですね。

怒りとか不安の感情のままで客観的に見ることは
もちろんできませんし、

では、ポジティブな感情ならいいのかといいますと、
またそれも客観的に見ることは難しいんですね。

何か出来事があって、一瞬感情を持つのは
当たり前ですので構わないのですが、

まずは、どんな感情を持ったままでも客観的に判断することは
難しいと知っておいてください。

そして、その中でも「自分はどうしてこんなひどい目に合うのだろう」という
被害者マインドセットを持ち続けているのはマイナスの周波数ですので、

その状態で客観的にご自身を
見ることはほとんど不可能なんですね。

それでは、ご自身を客観的に見るには
どうすればよいかといいますと、

これは簡単に申し上げますと、1日の中で
思考を動かさない時間を5分で良いので意識的に作ることです。

一番良いのは「瞑想」ですが、感情がどんなに動いたとしても
元の状態に戻りやすくなります。

これは毎日の訓練によって習得することができますので、
ぜひ、試してみてください。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー