スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

出会う人はすべてが先生

   

今日は「出会う人はすべてが先生」という
お話をさせていただきます。

出会う人は全てが先生である、
そんな視点で人を眺めてみなさいと、
聞いたことがあるかと思います。

自分が出会う人は、どんな人でも必ず学ぶべきことが
あるというのは真実です。

同時になんですが、ご自身も先生であり、
生徒であり、お互いに先生と生徒という
関係性であったりします。

そうやってお互いに影響を受け合って、
人との関わりの中で

自分は何を差し出すのか、
何を受け取るのか、

そんな言葉を聞きますと
ご自身は「差し出すものなんてありません」と
思われるかも知れませんが、

特別なことをしなくても、
ご自身があるがままの自然の姿で良いのです。

あなたが自然な状態であるときに、
ご自身にご縁がある方の先生となっていますし、

また生徒としてたくさんの学びを吸収する
準備もできています。

どうしても私たちは年齢というものに
捉われてしまって、先輩とか、後輩とか、

自分よりも10歳も20歳も
年下の人間からは学ぶことがないのでは
と思ってしまうこともあります。

しかしながらスピリチュアルの観点から見ますと
それは一切関係がないんですね。

年齢というのは、身体に魂が入ってからの
年月を数えたのが年齢ですので、
魂年齢とは関係がないんです。

なので、年齢が若くても上手にできる人がいますし、
すでにベテランのような経験値を持っている人が
大勢います。

ですので、相手を年齢や容姿で見てしまうと、
その人の本質が見えなくなってしまうこともあります。

「出会う人はすべてが先生」、そして、同時に生徒でもあると、
そんな観点で人との関わりを意識してみては
いかがでしょうか。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー