スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

月曜日と聞いてどんな気持ち?

   

今日は「月曜日と聞いてどんな気持ち?」という
お話をさせていただきます。

例えばなんですが、月曜日と聞いて
ご自身はどんな気持ちになるでしょうか?

「よーし、がんばるぞ!」と、ワクワクする
月曜日でしょうか?

それとも、「また1週間が始まっちゃったなぁ」と
どこか元気がなくなったりするでしょうか?

どんな事を思ったとしても、
それはご自身が持っている考え方、
観念を表しているだけなのです。

月曜日は、日曜日が休みの人にとっては
休み明けですが、

本当は火曜日や水曜日とまったく変わらない1日。

月曜日だけ30時間あって働く時間が長いという
訳でもありません。

逆に金曜日とか週末が近づいてくると
心がワクワクすることもあると思います。

でも、月曜日はどことなくイヤな気分が
するという場合は、月曜日はイヤだと、
その観念を持っているだけなんですね。

もちろん、月曜日がイヤな原因は、
サラリーマンでしたら、

満員電車に揺られて
会社にいくのがイヤだなぁとか、

もっと休みがあったら良いのにとか、

またつらい1週間の始まりだとか、

自分がその仕事を好きじゃなかったりとか、
そんなことが原因の1つだったりします。

そして、1年間のうち月曜日が52回あるとして、
その度にイヤな月曜日だと思っていると、

それが自分の観念として体にすっかり染みついて
しまったりします。

私たちは月曜日だけではなくて、いろんな事に
対してこの観念を勝手に決めつけちゃっている事が
実はたくさんあります。

「子供の幸せとは子供がいい学校にいくことだ」

「お金さえあれば全てがうまくいくのに・・・」

「世の中は競争だから負けないようにがんばらないと」

「イヤでたいへんだから仕事なんだ」

「我慢をするのがそれが人生というものだ」

それは本当でしょうか?

時にはですね、そんな観念を疑ってみて、
自分の内側と対話をしてみますと、

世の中を別の視点から
眺めることができると思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー