スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

損をした気分

   

今日は「損をした気分」という
お話をさせていただきます。

私たちは人生の目的のなかで、
人様に何かを貢献するという
大きなテーマがあります。

人に親切にしたり
手助けをしたりすることは

もちろん素晴らしいことですし、
何よりも充足感を感じられたりします。

それでも、人に何かをやってあげた時に、
心のどこかで、

自分が損をしているのではないだろうかと、
そんな気分を感じることがあります。

最初はそれが楽しくてやっていたのに、
だんだんと面倒になってきたりとか、

私はこんなに苦労を
してやってあげているのに、

相手はちっとも感謝の
気持ちを表してくれないとか、

こんなことを感じてしまうのは、

相手に対して貢献をしてあげると思っていても、
そこには何かの見返りを求めている自分がいたり、

自分の実力以上に貢献をしようとしていたりします。

人に貢献をして、自分が損をしている気分になったら、
それは、相手への期待のしすぎか、

自分の心が満たされていないのに無理に
貢献をしようとしているかのどちらかの場合が多いです。

自分を犠牲にしたり、無理な貢献は相手も
感じとってしまいますので、

もっと簡単なことでの貢献に
切り替えてみると良いのではないでしょうか。

そして、よくあるのが、

目の前に困っている人がいる、でも
自分の実力では貢献することができないと、

例えあなたが貢献ができなかったとしても、
その人にとっては、自力で乗り越えていくのが

その人のテーマだったりしますから、
自分が手助けができないからといって、
自分を責めたり、落ち込んだりする必要はないのです。

貢献は大げさなことではなくて、
自分ができる範囲内でしてみると、
そう覚えてみてはいかがでしょうか。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー