スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

コーチの役割

      2016/11/26

今日は「コーチの役割」という
お話をさせていただきます。

ちょっと前までは自伝書を
読むことが多かったのですが、

最近はその人がスポーツ選手だったとしたら、
スポーツ選手を育て上げた人、

つまり、コーチをした人の自伝書を
読む機会が増えました。

選手はもちろん、コーチの重要性にも
スポットライトが当たるような、
そんな時代になってきたといえますね。

スポーツの世界で大活躍するような人は、
持って生まれた運動神経だったり、
本人の努力もあると思いますが、

コーチの存在こそが、その人の才能を
開花させるには絶対に必要だったのだと、
思う事があります。

どんなに豊かな才能に恵まれていても、
途中で諦めてしまったり、間違った方向に
力を使ってしまっては、

優秀な選手にはなれるかも知れませんが、
超一流になることは難しかったかもしれません。

超一流になるには、自分以外に自分の才能を
強く信じて、導いてくれる人が必要なのです。

それがスポーツ界ではコーチと呼ばれる人たちです。

親子関係においては、子供の才能を
見抜いて信じているのは親です。

親という関係を別の言い方をすれば、
いわば人生のコーチみたいなものです。

「あなたはできる子なんだから」と、
毎日親御さんが言い続ければ、子供は
それを信じて、その通りになります。

「あなたは何をやってもダメな子」と言い続けても
それはそれで、その通りになります。

毎日、言い続けることでスピリチュアル的に
いえば潜在意識にしっかりと根付きますので、
子供はそれを素直に信じるんですね。

さきほどのコーチの自伝書の中にも、
高い課題を選手に与えて、

「おまえならもっとやれる!」と毎日、毎日、
選手を鼓舞させるような言葉を繰り返し
言い続けたそうです。

そのコーチは知っていたかどうかは分かりませんが、
潜在意識を上手に利用しながら選手を励まし続けたのです。

親子関係でなくても、友人関係、恋人関係、
上司と部下の関係など、全ての人間関係において、
この方法はとても効果的です。

なぜなら、何度も繰り返して聞いた言葉、信じた言葉が、
その通りの現実になるようにできているからです。

ご自身がご自身のコーチ、
セルフコーチとなって、

毎日、ご自身を励まし続けたならば、
その願いはグッと引き寄せることができると思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー