スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

ストーリーを作らない

      2016/11/26

今日は「ストーリーを作らない」という
お話をさせていただきます。

私たちは何か出来事があった時に、
その先のストーリーを頭の中で作りあげ、

あたかもそれが真実のように、
そのストーリーに不安になったり、
苦しめられたりしてしまいます。

それに関連して私の体験から1つ、お話しを
させていただきます。

私は数年前に健康診断を受けた際に
腸の中にポリープが
あることが分かりました。

お医者さんに、腸内の写真を見せていただき、
素人がみても、このポリープは大きいと感じました。

とりあえず検査のために、ポリープの一部を切り取り
良性か、悪性かの検査をすることになったのですが、
検査結果が出るまでには約10日間かかります。

こんな時って、人はネガティブなストーリーを
作るのがとても上手なんですね。

まず私が最初に思ったのは「大腸がんかもしれない」と
いう思いでした。

お酒もタバコを吸わずに健康にだけは注意
してきたつもりですが、なぜこんなことに
なったのだろうと・・・。

そこから検査結果が出るまでの10日間は、

「大腸がんは手術で治るのだろうか」

「入院は何日くらいするのだろうか」など、

不安のネガティブストーリーは、
現実を追い越して前へと進んでいきます。

検査の結果、先生からは「良性です」と言われて、
ホッと胸をなでおろしましたが、

見事にネガティブストーリーを
作り上げてしまった経験でした。

もし、そんなネガティブストーリーを
作り上げているご自身に気がつきましたら、

そのストーリーの続きを
一切考えないことをオススメします。

なぜなら、現実ではなく、
「○○だったらどうしよう」と、

自分の思考で作り上げたストーリーに
苦しめられてしまうからです。

別のいい方をすればただの幻想に過ぎません。

現実は、幻想よりもずっと優しいことの
方が多いのです。

こんな事を知っておくと、ネガティブ
ストーリーはご自身に必要のないもと
お気づきになるかもしれません。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー