スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

自己成長をストップさせる感情

      2016/11/26

今日は「自己成長をストップさせる感情」という
お話をさせていただきます。

今よりもっと自己成長を
加速させたいと願った時は、

この感情はできれば手放した方がよい
ものがあります。

それは「批判」や「批評」の感情です。

もし、何かにつけて「批判」や「批評」
ばかりをする人を見かけたら
ご自身はどんな気持ちになりますか?

とても気分が良くなるという方はいないですよね。

「批判」や「批評」の感情が生まれてしまうのは、
その方が楽だからなんですね。

「あれはダメだ、これはダメだ」と、
批判や批評をした時は一瞬気分が
スッキリするかもしれませんが、

スピリチュアルな観点からは、
「批判」や「批評」はご自身がネガティブな
エネルギーを放出している状態ですので、

やがてはネガティブエネルギーが
自分のところへ戻ってきますので、
良い影響は1つもありません。

そして、ネガティブな出来事を次から次へと
引き寄せてしまうことになります。

さらに、重要なのが「批判」や
「批評」をしてしまいますと、
その瞬間から学びが完全に止まってしまうのです。

もし、批判をしているご自身に気がつきましたら
自己成長の妨げになるからもったいないと
感じてみてはいかがでしょうか。

例えばですが、高額な本を買って読んでみたけれど、
ちっとも自分に役に立つことが書いていないと
感じたとします。

その時に「なんだこの本は役に立たない!」と、
ネットに悪口を書き込みしたりと、
それをやってしまった瞬間から学びが止まります。

その経験こそが学びになっていると捉える
こともできますので、本当の意味での無駄な
出来事はないのですが、それでも、

ネガティブなエネルギーをまき散らすことは
良い事ではないと理解する必要があります。

本との出会いもタイミングがあり、
今のご自身にはすぐに役に立たなかったり、
ご自身の受け入れ態勢ができていない事もあります。

贈り物の中身をどう感じるかは、
全ては受け取り側の気持ち次第とも言えるのです。

これは本に限ったお話ではなく、人間関係についても
同じことがいえると思います。

相手のイヤな部分が目についても、
決して「批判」や「批評」をすることなく、
そこから学びはないかと考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー