スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

出来事を観察をする

      2016/11/27

今日は「出来事を観察をする」という
お話をさせていただきます。

私たち人間は、判断するよりも
観察する能力がとても
優れているといわれています。

判断とはあらゆる場面において、
出来事に対してこれは良いもの、悪いものと、
レッテルを貼ってしまうことです。

レッテルを貼りすぎてしまいますと、
毎日が窮屈になって、可能性に対して
扉を閉ざしてしまうことになります。

たとえばですが、知らない人が
集まる何かのイベントに参加したとき、

初対面の人から、傷つくような
言葉を言われたりしますと、

「こんな場所に来なければよかった」と、

悪いレッテルを貼ってしまいますと、
二度と集まりには行かなくなってしまいます。

そうしますと、同時に、良い出会いも
逃がしてしまうことになります。

そのような観点から、嫌な出来事を
上手に受け止めるには「観察」してみるのが
オススメです。

1日の終わりにでも結構ですので、
その嫌な出来事を、まるで映画をみるように、
思い出して観察をしてみることです。

出来事に対して評価や判断、感情を
一切いれずに、ただただ観察だけをしてみます。

ご自身は映画館の座席にいて
スクリーンに映し出される映画を
見ているイメージです。

このように観察という視点を持ちますと、
自分の視点からは少し離れることができ、
出来事を客観的に見ることができます。

映画を観ていると感じますと、
時に、ご自身に余裕が出てきて、

相手がなぜそのような行動や言葉を
発したのか、なんとなくですが
理解ができるときもあります。

さらに、不思議なのですが、
仮に映画の続きがあると考えてみますと、

その先に起こるストーリーが
ふと頭に浮かぶこともあります。

私たちは落ち着いて出来事を
観察をすることで、

一時的に離れてしまった「魂」と
再びつながることができます。

観察するという習慣を持ちますと、
失いかけていた自信やパワーを取り戻す
手助けになると思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー