スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

一生懸命と恐れ

      2016/11/27

今日は「一生懸命と恐れ」という
お話をさせていただきます。

日本人はとても勤勉で、一生懸命に物事に
取り組むのは得意といわれていますが、

では、一生懸命を楽しんでいるか?と、

聞かれますと「楽しむ」のは
どうやら不得意のようです。

その原因の1つとしては、一生懸命にやって、
できなければ「罰を与える」という
恐れの教育を受けてきたからです。

子供の頃は、時間を忘れるほど
夢中になって遊んだ経験があると思いますが、

それは、心の底から一生懸命を
楽しんでいたのではないでしょうか?

大人になりますと、一生懸命と同時に、
結果を求められるようになり、

自分は、なぜ一生懸命やらなければならないのか、
やらなければならない理由をあれこれと探し始めます。

そして、ある会社員にとっては、
一生懸命に働かないと
家族が不幸になるという「罰」を
心の中で恐れていたりします。

本来、一生懸命取り組むことに
理由は存在していません。

ただ、そこには「楽しさ」だけがあります。

恐れを動機とした一生懸命は、
本来の「一生懸命」とはまったく別のものです。

そして、一生懸命やった結果がでますと、
結果に対してご褒美を与えてしまいます。

「一生懸命やったからご褒美に旅行に行きましょう」

「勉強をがんばったからご褒美を買ってあげる」

このような体験ばかりを繰り返していますと、
結果のためにがんばる、ご褒美が欲しいから
がんばるという状態になり、

さらに、ご褒美をもらうためなら苦しいけれど、
自分を犠牲にしても頑張ろうという
思考になってしまいます。

自己犠牲の考え方は、スピリチュアルからは、
遠く離れてしまった思考です。

「一生懸命がなんだか息苦しいなぁ」と感じましたら

恐れからではなく、また、ご褒美をもらうためでもなく、

「一生懸命を心の底から楽しんでみよう」と、
考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー