スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

成功と失敗

      2016/11/27

今日は「成功と失敗」という
お話をさせていただきます。

この「成功と失敗」をビジネス思考の
切り口で考えてみたいと思います。

成功と失敗の例え話として、
プロ野球選手の打率に
例えられることがあります。

プロ野球の世界では
3割打てば一流(成功)といわれます。

バッターボックスに10回立ち、
ヒットを3本打てば3割バッターとして、
プロの世界でやっていくことができます。

ビジネスの世界においては、
1割の成功率があれば成功者と呼ばれます。

例えば、10個のビジネスを立ち上げて、
9個は失敗したけれど、

1個のビジネスが大成功すれば、
これまでの失敗を全て補うことができますし、
成功者と呼ばれます。

極端な話をしますと、99個のビジネスを
失敗しても1個のビジネスを成功させれば
成功者なのです。

ビジネスの厳しさは、起業した会社が
10年後には95%の会社が潰れている
という数字が物語っています。

たまたま1つ目の立ち上げたビジネスが
うまくいくことがあったとしましたら、
それは奇跡的なことなのです。

成功者といわれる人々に共通しているのは、
思いついたアイディアをすぐに実行に移して、
失敗を何度もできる人であり、

成功ができにくい人は、アイディアを
ずっと考えてばかりで失敗したらどうしようと、
いつまでも行動をしない人です。

人からビジネスアイディアを聞いたり、
思いついたときに実際に行動に移せる
人間は全体の1~2%といわれています。

例えば、セミナーで100人が同時に
ビジネスアイディアを聞いた場合、
実際に行動するのは1人か2人です。

そのような意味合いから、
まずは1歩踏み出すだけで、

「すでに成功への扉を開いている」ことに、
気づいていただければと思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー