スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

安定感と不安定感

      2016/11/27

今日は「安定感と不安定感」という
お話をさせていただきます。

私たちの心の中は、安定を
願う気持ちと、不安定感(冒険)を求める
気持ちとが同居しています。

人によって配分の違いはありますが、
極端にどちからに偏りすぎないように
シーソーのようにバランスをとろうとします。

安定を望んでいて、それが手に入ってしまうと、
今度は不安定感(冒険)が欲しくなってしまう、

不安定感(冒険)も最初のうちは楽しいけれど、
そろそろ安定が欲しくなってしまう。

実は、この安定感と不安定感(冒険)は、
同時に2つを追い求めることができにくい
性質を持っています。

大きな流れから人生を眺めたときには、
安定感の時期、不安定感(冒険)の
どちらか片方だけを体験しています。

安定感と不安定感(冒険)の周期が3年毎に
やってくる人や、人によっては
5年サイクル、10年サイクルで
繰り返す人もいます。

安定、不安定の定義は、人それぞれ
精神的、経済的、人間関係、仕事、
ライフスタイルなどありますので、

ここでハッキリと定義することは
難しいのですが、

人生は安定すれば幸せ、
不安定だから不幸せ
ということではありません。

安定を経験するからこそ、不安定を
知ることができますし、

また、その逆もしかりです。

スピリチュアルな視点から眺めた時は、
不安定な状態に身を置くことが、
究極の安定と理解をすることができます。

なぜなら、不安定な状態に時にこそ、
知恵や勇気をもって不安定に立ち向かって
いる姿こそが安定しているからです。

人生においてマスターと呼ばれるような達人は
不安定な状態こそが真の「安定」だということを
完璧に理解をしています。

そのため、どんな出来事が起きても、
心を揺り動かされることなく、
穏やかな状態を保つことができるのです。

このようにご理解をいただきまして、
不安定な状態こそが正しい状態、

真の「安定」であると、
考えてみてはいかがでしょうか。

「最近、不安定な出来事が多くてつらいな」と、
心が折れそうな時には、今回のお話を
思い出していただけましたら幸いです。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー