スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

原因と結果の法則

      2016/11/27

今日は「原因と結果の法則」という
お話をさせていただきます。

原因があれば必ず結果があることは
頭では十分にご理解されていると思います。

しかし、人生においての原因と
結果となりますと、複雑に考えて過ぎて
しまったり、

今の結果を、どこからどこまでを
原因としてさかのぼって考えれば
よいのか悩んでしまいます。

例えばですが、今、夫婦関係、
恋人関係、友人関係が
あまり調子が良くないとした場合。

その原因はそもそも
相手の選び方に問題があったのか・・・。

ここ数年の間に何か原因があるのか・・・。

それともここ半年の間に何か原因があるのか・・・。

あるいは、何かお互いの関係が
冷え切ってしまような大きな出来事が
あったのか・・・。

いろいろと原因と思わるものが
発見できると思います。

これではないかという原因が見つかったら、
他人のせいにせず、後悔もせず、執着もせず、
しっかりとご自身が100%受け止めてください。

そして、過去の失敗の経験から学び、
これからどうするのか、どうしたいのか、
という事を最優先させてください。

具体的には、これから未来を良くするための
どんな「種」を植えていくかにフォーカスします。

庭にヒマワリの種を蒔きますと、
やがては芽が出て見事なヒマワリの花を咲かせます。

ヒマワリの種を蒔いたのに、
パンジーの花が咲くという
ことはありません。

非常にシンプルではありますが、
これが原因と結果の法則です。

花の種に例えますと「そんなのは当たり前」と
原因と結果の法則がご理解しやすいと思いますが、

時に、これが人生となりますと、そんな種は
自分は蒔いた覚えはない、

誰かが勝手に蒔いたのだと現実に抵抗を
してしまうことがあります。

人生という心の畑に蒔いた種は、
ご自身で自覚している場合と、
まったく自覚をしていないことが
ありますので、勘違いが非常に
起きやすいのです。

心の畑の管理責任者はご自身であり、
誰かが勝手に種を蒔くということは
ありません。

心の畑に蒔いた種が、純粋で清らか、安心、
愛の気持ちであったならば、そのような花(結果)
を手にすることができます。

逆に、憎悪、不安、嫉妬、怒りの気持ちで
種を蒔いたならば、そのような花(結果)
を手にしてしまいます。

そして、この原因と結果は100%合致しています。

花が咲くまでには、ある一定の時間が
必要な場合もありますが、
原因と結果の法則を理解することで、

焦らずじっくりと愛情を持って
育てていく気持ちを持ちますと、

やがては美しい花を咲かせると思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー