スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

2人で悩まない

      2016/11/27

今日は「2人で悩まない」という
お話をさせていただきます。

友人や知人、ご主人(妻)、
あるいは職場の部下から
お悩みのご相談を受けることが
あるかと思います。

しっかりと相手のお話を聞くのは
大切なことですが、

他人の悩みにご自身の感情を
深く入れ込んでしまうことは
実は、必要のないことなのです。

同じように悩みを深く感じてしまうと、
同じように悩んでしまう。

つまり、悩んでいる人が
もうひとり増えて2人になってしまうのです。

2人が同じように悩んでしまいますと、
視野が狭くなり問題の解決方法を探すのが
とても難しくなってしまいます。

問題を解決するには、感情を入れ込まずに
客観的な視点を持つことが必要です。

また、ご自身が誰かに悩み事を
相談をされたときには、

相手にご自身と
同じように悩んでほしいのか、

私はこんなに悩んでいるのを
知ってほしいだけなのか?

あるいは、客観的な立場から
問題解決のヒントが欲しいのか?

何を求めてご相談を
されていますでしょうか?

また、どちらを望んでいるでしょうか?

ご自身がお悩みを相談されたときに、
なんとか力になってあげたい
お気持ちはとても良く分かりますが、

スピリチュアル的に申し上げますと、
そのお悩みは本人が必ずや乗り越えられる
ものであり、それは他人の課題であって、
ご自身が悩み過ぎることはないのです。

あれこれアドバイスをした方が
本人のためになる場合と、

相手を信じて見守る方が、
結果的に良い場合もあります。

このような事をご理解されまして、
悩みが多いと感じました時には、

その悩みは、他人の悩みに
深く踏み込みすぎている結果ではないかと、
一度見直してみるとよいのではないかと思います。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー