スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

読書の力

      2016/11/27

今日は「読書の力」という
お話をさせていただきます。

読書をしていますと、
今のご自身の心の奥底に響く
文章に出会えることがあります。

そのような時は忘れないように、
蛍光ペンで線を引いたり、
ページの角を三角に折ったり、
付箋紙を貼ったりするかと
思いますが、

せっかく素敵な文章に出会えたのに、
そのまま本を本棚にしまってしまいますと、
同じ本を見返す機会がほとんど
なくなってしまいます。

私も、付箋紙をそばに置きながら
本を読むことが多いのですが、

心にグッとくる文章に出会った時には
まずはそのページに付箋紙を貼っておきます。

そして、本を全て読み終わった後、
もしくは数日後に、文章をパソコンで
打ち込んでプリントアウトしておきます。

文章を読むだけでなく、もう一度
パソコンで打ち込むことで、より深く
文章を理解することにも役立ちます。

このようにプリントアウトした紙をまとめて
おけば、本棚から本を探す手間も省けますし、

自分のお気に入りのフレーズが
集まった中身の濃い文章集が完成します。

これには他にもメリットがありまして、
数年前にプリントアウトした文章を
読んでみますと、

当時の自分の心理状態を思い出すことができ、
なぜその言葉を選んだのか、
自分の思考にも気がつくことができます。

同時に、今の自分にはその言葉を
思い出そうとしなくても、自分の心の中にしっかりと
根付いているのを感じることができるのです。

つまり、本で出会った時は自分の知らない
考え方や価値観が、今では自分の身体の
一部として理解できるようになったという感じです。

ご自身の心の奥深くに響くような文章は
出会うべくして出会った必然の文章であり、
大切なメッセージが込められています。

そのような意味あいから
5年前、10年前に書かれた本の言葉が
今のご自身を励ましてくれることを
考えてみますと、

良き本との出会いはもちろん、
本の活用次第では、人生をより豊かに
するための心強いパートナーに
なってくれると感じています。

もし、本屋さんで、直感的に
気になった本というのは、

何かしらのメッセージが隠されていることが
ありますので、ぜひ、ご購読されることをオススメします。

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー