スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

注意の散漫

      2016/12/08

今日は「注意の散漫」という
お話をさせていただきます。

お休みの日に靴を購入しようとデパートに
買い物にいってはみたものの、

気がついたら流行のお洋服や、
素敵なアクセサリーに興味を
そそられて、気が散ってしまい、

結局、何も買わずに帰ってきた、

あるいは、最初の目的とは
まったく違うものを購入して
しまった、という経験はありませんか?

「注意の散漫」とはデパートに出かけたのは、
当初の目的である「靴」の購入という
本筋からどんどん外れていってしまい、

いつの間にか違うことに
心を奪われてそちらに意識が
飛んでしまうことをいいます。

これは、買い物に限ったお話ではなく、
ご自身の人生の方向性についても
同じことがいえると思います。

一度、決めて走り出した方向性を
大きく変えてしまうような選択は、

いろいろとやってみたけれど、
全て中途半端になってしまうという
結果を招いてしまう場合があります。

あれも、これもと、ご自身が横道にそれそうになったら、
「ちょっとまてよ」と一旦、立ち止まって、
意識を本筋に戻して集中することが大切です。

強い好奇心のおかげで、たくさんやりたい事が
あるのはお気持ちとしてはたいへん分かりますが、

体験の深さという意味合いにおいては、
作り上げると意識から外れてしまいますと、
物事がいつまでたっても形にならないこともあります。

例えば、ご自身がパズルを
組み立てていたとしまして、

「花」のパズルを組み立てている途中で、
やっぱり「海」のパズルがいいなぁと、

今度は「海」のパズルを組み立てている途中で、
「山」のパズルが気になり、そして、また
「動物」のパズルが気になり・・・。

もし、このような方にアドバイスを差し上げると
しましたら、まずは「花」のパズルに集中をして
1つパズルを完成させてみませんか?と、アドバイスを
すると思います。

「注意の散漫」が全て悪いとは申しませんが、
頭で理解していても、つい、やってしまっている
場合が多くありますので、

第3者にそんな傾向があると指摘されて
初めて理解することもあります。

もし、ご自身が「注意の散漫」に気がつきました時には、
本筋に戻って集中するということを
思い出してみてはいかかでしょうか?

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー