スピリチュアルライフコーチ鈴木哲也 オフィシャルサイト

人生が3倍輝く心の習慣

*

現実と仮想現実

      2016/12/08

今日は「現実と仮想現実」という
お話をさせていただきます。

子供の頃はテレビをみていると、
現実とそれ以外の
区別がつかなくなる事がありました。

私も幼少期にゴジラの
モノクロ映画を初めて見た時に、

今、東京にゴジラがやってきて
街を破壊しているのが現実だと思い込み

恐怖心から「逃げなくていいの?」と親に
本気で訴えたことがあります(笑)

大人になれば、誰もが、
現実と映画の世界との区別はつきます。

今さら何を言っているのだろうと、
思われたかもしれませんが、

区別ができていても、無意識に
「想像の現実」の世界に
住んでしまう人が多いのも事実です。

私たちが生み出している
想像の世界とは、

「将来への不安や恐怖」

「過去への執着や後悔」

「行動した時に失敗したらどうしよう」

「他人にどう思われるだろうか?」

「周囲に反対されるのではないか?」

「他人に嫌われていないだろうか?」

これらは全て、映画の中のゴジラと
一緒と考えることができます。

頭で考えた「想像の世界」で起きている
事であって、今、実際に起きている
現実とは無関係です。

もし、想像の現実が足かせになって
ご自身を苦しめているようでしたら、
このように考えてみてはいかがでしょうか?

脳科学の観点から申し上げますと、
脳は現実と想像との区別をするのが
結構苦手です。

ですので「悪い想像」でも「良い想像」でも
それらが全て現実かのように
脳は錯覚をしてしまうのです。

このような脳の
仕組みをご理解されれば、

「想像の現実」というタイトルの
映画が始まった時には、

ぜひこのお話を
思い出していただき、

「今、ゴジラは街を破壊をしていない」と
感じていただきまして、

「想像の現実」の映画は、ご自身が
楽しくてワクワクすることを上映して
みるのがオススメです。

その映画の主演、脚本、監督は
ご自身ですので、

楽しくてワクワクするものを
自由に想像してみてはいかがでしょうか?

それでは、本日も楽しい1日をお過ごしください!

毎日1分読むだけで幸せになれる
ヒントを無料でお届けしています。
無料メルマガの登録はこちら

 - お知らせ, メルマガバックナンバー